有料のシステムから切り替えも、クオリティは落とさずコスト削減を実現。

  • 株式会社日本コンプリートホーム 様

株式会社日本コンプリートホーム 業務部 施工管理課 課長 時田 拓郎 様 にお話を伺いました。

導入の背景

当社は、戸建分譲の案件が多いため、竣工時には報告書(現場の進捗ごとの写真をまとめたもの)をお渡ししています。以前は、その作成をExcelで行っていたのですが、効率的に進めるにはやはり施工管理システムが必要と感じ、途中で切り替えました。導入していたシステムは、それほど高価なものではありませんでしたが、写真台帳の作成という限定的な利用に対し、毎月いくらかの費用が発生しておりましたので、無料で利用することができる「助っ人クラウド」に魅力を感じました。

「助っ人クラウド」は、他社システムとの併用など部分的な使用も可能です。
事業者様の経営課題や業務内容に合わせて様々な方法でご利用いただけます。

ハウスジーメン

導入の経緯

導入の決め手は、無料でありながらもそれまでと全く変わらないクオリティの報告書を作成することができたことです。最近は、様々な物の値段が高騰しておりますので、その中で少しでも負担を減らすことができる部分があるならば良いと感じました。とはいえ、すっかり現場に浸透していたものを替えるとなればそれなりの手間があるだろうと思いましたので、すぐに導入に踏み切ることはできなかったのですが、2回目に提案いただいた際にじっくりお話を聞くことができ、あらためてメリットを感じたので導入を決めました。懸念していた切り替え時の負担も実際にはありませんでした。

導入時には、説明会や研修を無料で実施しております。
導入にあたり気になることがありましたらご遠慮なくご相談ください。

ハウスジーメン

今後の展望

協力会社の方にもアカウントを発行すれば、施工写真の登録をお願いしたり、図面などのデータを共有することができると伺いました。メールやFAXを利用していると、やはり手間がありますし、送るのを忘れてしまうこともありますので、今後はこちらを利用してみたいと考えています。

「助っ人クラウドα」という協力会社様とのやり取りに特化したスマートフォ

ン用アプリがあります。図面や写真などのデータの共有が簡単にできてとても

便利ですので、ぜひご活用ください。こちらも無料でご利用いただけます。

ハウスジーメン

会社名株式会社日本コンプリートホーム
所在地神奈川県 横浜市
設立年月日2005年3月
新築住宅着工数年間50棟
従業員数10名

記事掲載日:2023年11月30日

TOP